サックスコース

sheermusic facebook ページ

ワンポイントレッスン

サックスのよくある間違い。そしてうまく吹けるポイント。

肺活量がないと吹けないと思われがちですが、それは誤解です。音を鳴らすのに必要なのは、息の量ではなく質です。いい音を作るためには息の使い方、コントロールの方法を学んでいきます。プロの方でも、体が小さくてもパワフルな音を出す人はたくさんいます。体力がないからという理由で躊躇されているならば、全く心配ないのでご安心くださいね。

ページTOPへ

意外と知らない楽器のこと。

同じ楽器でも、サックスの音階とピアノの音階は異なります。例えばテナーサックスの「ド」はピアノの場合「シ」にあたります。ピアノ経験者の方ですと、このあたりが混乱する傾向にあります。逆に音楽経験が全くない方の場合は、真っ白の状態なので特に抵抗は無いと思います。こういった音楽理論などもレッスンではお話していきますので、より深くサックスの事を知って頂けるとうれしいです。

ページTOPへ

始める前の豆知識。

必要な基礎知識は特に必要ないので、とにかく吹いてみることが一番です。必要な知識はレッスンを通して学べるので、真っ白の状態でも安心してください。楽器への興味が一番上達する上で重要な要素ですから、楽しむ心だけを大事にしてくださいね。

ページTOPへ

応用できる裏テクニック。

楽器が無いと練習できない、ということはありません。家でも指使いやリズムトレーニングなど、練習できることはたくさんあります。レッスンで習ったことを、イメージトレーニングすることもとても大切です。ぜひ、自分に合った練習方法を探していきましょう。